史跡江馬氏館跡公園

武家館で中世の殿様気分を味わおう!

会所と庭園

会所と庭園

「史跡江馬氏館跡公園」は、室町時代から戦国時代にかけて北飛騨を治めていた武将・江馬氏の館跡に、中世武家館(下館跡の庭園、庭園を鑑賞する会所、主門、土塀等)を復元した歴史体験ゾーンです。

公園のある江馬氏の館跡周辺は、江戸時代以降は水田として利用されてきましたが、地元では「水田の中にある5つの大きな石は江馬の殿様の庭石だ」と古くから言い伝えられており、発掘調査によって伝承どおりの庭園をもつ中世武家館跡が発見されました。
この江馬の下館跡は、周辺の6つの山城跡とともに昭和55年に国史跡「江馬氏城館跡(えまししろやかたあと)」の指定を受けています。また、復元整備された庭園と会所建物については、平成29年10月に国名勝「江馬氏館跡庭園(えましやかたあとていえん)」の指定を受けています。国名勝の指定は飛騨地方では初めてのことで、史跡と名勝の二重指定は岐阜県内初となります。
会所や主門・土塀といった施設は、発掘調査成果や様々な資料をもとに復元されたもので、庭園と会所をセットで復元した中世武士館の事例は全国でここだけです。まさに当時の視点で、当時の庭を眺めることができる全国有数の場所といえます。飛騨の雄大な山々を背景に、江馬の殿様が眺めた雅な景観を是非ごゆっくり堪能ください。


接客の間より庭園を望む

接客の間より庭園を望む

庭園を眺めながら会食

庭園を眺めながら会食

(※会食利用には所定の注意事項があります。詳しくはお問い合わせください)

利用案内

所在地 〒506-1121 岐阜県飛騨市神岡町殿573-1
電話 0578-82-6001
営業時間 10:00~16:00(入館は15:30まで)
開館日 毎年4月1日~11月30日まで(開館期間中は無休)
※12月~翌年3月までは冬季閉館となります
料金 <個人>大人200円、小人100円
<団体(20名以上)>大人160円、小人80円
※会所内の受付で入館券をご購入ください。
駐車場 有(道の駅「宙ドーム・神岡」の駐車場を利用し徒歩5分)
アクセス <高山市街より>国道41・471号経由で約60分
<富山市街より>国道41・471号経由で約60分
<JR飛騨古川駅より>車・バスで約30分

アクセスマップ

TOP
error: Content is protected.