寿楽寺廃寺の発掘調査報告会を開催します!

日本書紀「飛騨国伽藍」の謎に迫る

 ~県文化財保護センターによる寿楽寺廃寺の調査速報~

飛騨市古川町太江にある寿楽寺廃寺跡は、飛騨地域最古の寺院であり、日本書紀に記述のある「飛騨国伽藍」(伽藍は今のお寺のこと)と目されています。

遺跡から出土する古代のかわらは多くの研究者により取り上げられ、全国的に有名です。

この県内でも重要な遺跡において、8月に岐阜県文化財保護センターが発掘調査を実施しました。

今回は、その調査成果を速報します!さらに、過去の調査で出土した古代の仏具や瓦の展示も行います!!

 

日時:11月17日(土) 13:30~15:00

場所:寿楽寺本堂(飛騨市古川町太江2872)

駐車場:太江農業センター(飛騨市古川町太江2570)

内容

①寿楽寺廃寺跡と周辺の遺跡-最近の研究もふまえて-

②寿楽寺廃寺跡の寿楽寺廃寺跡の発掘調査速報

参加費:無料

チラシ表面

チラシ裏面

TOP
error: Content is protected.